保険サービスシステム株式会社、保険サービスシステム社会保険労務士法人

03-3591-1515

(大阪)06-6456-0157(名古屋)052-219-2333

第13回 残業対策編 その3 (2010.12.13号)

物流weekly 2010年連載特集「経営者への応援歌」(全10回)

≪前の記事  |  目次  |  

(2010.12.13号)

残業策編 その3

定額残業制の「名称」

保険サービスシステムで毎月10〜20社のペースで就業規則作成の手伝いをして感じるのは、各社各様の手当があることです。
それぞれ会社に歴史があり手当には意味がありますから、就業規則を変更するからといって簡単に手当の内容を変えてしまうと、労働者からの不信感を招きかねません。

そこで、今回は前回にご提案した定額残業制の導入の際の名称について考えていきます。 
運輸業者でよく使われる手当に、乗車手当や、長距離手当、横持ち手当、積み込み手当などがあります。経営者からは「なるべく表示上の変更個所を小さくして、会社を守るように変更したい」と要望をいただきます。

そこで、今までのルールで支払われていた手当に、○○時間外手当と給与明細に載せて、支給することをおススメしています。 

例えば、乗車時間外手当として、この手当は残業代の前払いとして支給するのです。
この名称について、○○時間外手当とすることによって、ハッキリと時間外を認識させるメリットの一方、注意しなければならないのは、何でも時間外手当をつければいい訳ではないことです。この定額時間制の手当で重要なのは、その手当が労働時間と因果関係があるかどうかとなります。

例えば、長距離手当ては、近場の方に比べると距離が長い分だけ、労働時間も長くなり、その分手当を乗せているなら、合理的な理由があります。しかし、皆勤手当などは、毎日来たからといって残業時間や労働時間に影響するとは考えにくいので、定額残業手当には向かないことになります。
また、役職者への役職手当にも有効です。
多くの中小企業では、課長だからといって残業代を支給していないケースが散見されます。
しかし、過去の例では紳士服店の店長や、ファストフード店の店長でさえも、残業代の支払い対象者となりました。
この課長などに支給する役職手当も、定額残業手当への変更は可能です。

会社の手当については、今一度考え直す時期が来ているように思われます。

(つづく)

このサービスのお問合せ東京:03-3591-1515 大阪:06-6456-0157

物流weekly連載 中小企業の目線から「経営者への応援歌」

【執筆者】
保険サービスシステム株式会社 部長
保険サービスシステム社会保険労務士法人 代表社員

特定社会保険労務士  馬場 栄 (ばば さかえ)

馬場 栄

年間約300社の経営者の相談・アドバイスを行っている。「労務リスクをなくし、中小企業を守る」を使命とし、その経営者側に立つスタンスが高い評価を得ている。

ページの先頭へ

 
©2017 Hoken Service System Co., Ltd. All Rights Reserved.