保険サービスシステム株式会社、保険サービスシステム社会保険労務士法人

03-3591-1515

(大阪)06-6456-0157(名古屋)052-219-2333

第14回 賞与を年4回以上支給すると大きな効果

【納税通信】 2009年連載(全20回) 「目から‘ウロコ’」社会保険料がコストセーブできる!

≪前の記事  |  目次  |  次の記事≫

(2009.07.06)

賞与の支払い方を工夫する!

賞与から徴収される社会保険料は、給与と同じ保険料率が適用されます。
一方で、給付面においては厚生年金の一部で反映されるものの、健康保険では反映されません。
だとしたら、社会保険料を削減しつつ、給付に反映される方法を検討してみましょう。

ご存知ですか?「年4回の賞与は給与扱い」

給与60万円、賞与180万円(年2回)の社員の場合、 会社と社員それぞれの社会保険料の負担額は給与から年間約88万円、賞与から年間約45万円になります。
労使合計保険料は年間約264万円にもなります。

【資料:給料の支払い方を工夫する】

例 ) 給与60万円・賞与180万円×2回(年収1,080万円)
改善案 : 年2回の賞与を年4回(四半期賞与)にする。

<改善前 >
  社員負担額 会社負担額
給与
(60万円)
賞与
(180万円×2回)
給与
(60万円)
賞与
(180万円×2回)
健康保険(ア) 27,700円 169,020円 27,700円 169,020円
厚生年金保険(イ) 45,282円 276,300円 45,282円 276,300円
(ア)(イ)の月額負担額 72,982円   72,982円  
(ア)(イ)の年間負担額 875,784円 445,320円 875,784円 445,320円
給与・賞与負担の合計 1,321,104円 1,321,104円
労使合計 2,642,208円

<改善後>
  社員負担額 会社負担額
給与
(90万円)
給与
(90万円)
健康保険(ア) 41,316円 41,316円
厚生年金保険(イ) 47,585円 47,585円
(ア)(イ)の月額負担額 88,901円 88,901円
(ア)(イ)の年間負担額 1,066,812円 1,066,812円
労使合計 2,133,624円

労使合計年間削減額 -508,584円

  • 賞与分割のポイント
    ・就業規則の変更が必要
    ・年収約760万円以上の社員に大きな効果あり
  • 賞与の対象となる種類の区分
年3回以内にて支給 年4回を超えて支給
賞与 報酬とみなす(※)
※1年間に受けた賞与の額を12で除して得た額を、給与に追加し、標準報酬月額を決定する
  • 健康保険は給与117万5千円以上、厚生年金は給与60万5千円以上で保険料は同額となる
  • 健康保険については、賞与から徴収される保険料に対する給付は全くないが、賞与を分割することにより、標準報酬月額が上がるため傷病手当金等給付に反映される。

多くの企業では賞与は年2回の支給ですが、仮に年4回の支給に変更した場合の社会保険料の負担額の違いをみてみましょう。

法律では、年3回までの賞与は『賞与』として取扱いますが、年4回を越えて支給する賞与は『給与』扱いとなります。計算にあたっては、4回分の賞与を12ヶ月で除して計算します。

なんと節保険料は50万円超に

この社員の場合、賞与180万円(年2回)を年12回で除すると、給与扱い分が30万円増え、90万円となります。
この際、厚生年金保険の標準報酬月額の上限額は62万円なので、この金額を超えた28万円については、厚生年金保険の保険料が徴収されません。
結果として、社会保険料は労使合計で年間約213万円に抑えられ、約51万円の節保険料となります。

また、賞与を年4回に分割することにより標準報酬月額が上がるため、健康保険の給付面において、傷病手当金など給付に反映されるようになるというメリットがあります。

これらの方法は、高額所得の社員(年収約760万円以上)に当てはめると、その効果の大きさがさらによく分かることでしょう。

(つづく)

このサービスのお問合せ東京:03-3591-1515 大阪:06-6456-0157

納税通信2009年連載「目からウロコ!社会保険料がコストセーブできる!」

【執筆者】
保険サービスシステム株式会社 部長
保険サービスシステム社会保険労務士法人 代表社員

特定社会保険労務士  馬場 栄 (ばば さかえ)

馬場 栄

年間約300社の経営者の相談・アドバイスを行っている。「労務リスクをなくし、中小企業を守る」を使命とし、その経営者側に立つスタンスが高い評価を得ている。

ページの先頭へ

 
©2017 Hoken Service System Co., Ltd. All Rights Reserved.